2018/5/4

ヨガと柔軟性

最近、ちょっと気になったこと。
 
世間の人達は何故にそんなに柔らかくなりたいのか?
 
180°開脚をして、どうするの?
日常生活では、そこまでの柔軟性はいらないはず。
 
 
確かに、ヨガの練習をしているときに
「もう少し体が柔らかければ、楽にポーズを組めるのに。」
と思う事はある。
 
特に、ヨガを練習し始めの2、3年は心底そう思っていた。
 
でも、今はヨガの練習に柔軟性はさほど重要でないとわかったので、
あまり気にならなくなった。
 
 
毎日、きちんと練習をしていればそのうち柔軟性はついてくる。
そうすれば、筋力と柔軟性がバランスよくついて、怪我もしにくいし、動きやすくなる。
 
 
うちに練習に来るビギナーの方たちも、やはり柔軟性については気になるようで、
それはやはり誰もが通る道なのかな、と思う。
 
ただ、そこから脱却できるか、出来ないか、
それがとても重要だ。
 
うちのMysore Roomのレギュラーメンバーは
『柔らかくなりたい病』の人はいない。全く。

柔らかくなりたい病の人はそのうちに来なくなる。
 
その理由はわからないけれど、私が推測するに、
 
自分の体が硬いと思って練習していても、楽しくない。
体が柔らかくなりたいと思い過ぎるのはもはや欲の塊でヨガではない。
そんな人は呼吸をしていない。
だから練習をしていてもしんどいだけ。
だから、そんな人って実はあまり練習していなかったりする(-。-;
それで、結局柔軟性はつかない。
 
 
「あー硬〜〜」とか言いながら、ワイワイ楽しんで練習をしているMysore Roomの愛しいメンバーたち。素敵さ!
 
体が硬い日も、楽な日もあるさ。
呼吸も日によって違うし。
毎日練習をするとその変化が面白い。
練習は嘘をつかない。
とにかく毎日練習をすること。だと思う。
 
アシュタンガヨガはデイリープラクティス。
アシュタンガヨガ最高!
 
最新記事
月別アーカイブ


〒700-0953
岡山市北区西市623-5
大月ビル303号室



Mysore Roomでは、お問い合わせ・ご予約はメールで受け付けております。
 
 
 
 ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation
 

ヨガ教室検索はYOGA ROOM